フローリングや内装ドア・薪ストーブなどの販売。オリジナル輸入建材、欧米・アジア各国からの輸入建材・雑貨等の販売。

ユニバーサルブログ

ユニバーサルブログ

資金のかけられないSEOは、しめやかに そしておごそかに

2008/08/01

「輸入建材」でGoogle検索すると、31位(8/1現在)に表示されるようになりました。
地味にガッツ・ポーズです。営業のHです。
思い起こせば、今のHPに更新したのが1/14。当時は150位くらいでした。
それから地味~に色々、
・HTMLの高効率化によるデータ量の低減 とか。
・毎日の更新による頻度の高さのアピール とか。
・Inlinkが貰えないので、このブログでトラックバックしてPageRankを上げたり とか。
・Inlinkが貰えないので、MySpaceに登録してLink引っ張ってみたり とか。
・楽天などのweb shopに出展すると経費がかかるし、またエンド・ユーザーを
 とりあえずは対象にしていないので、そう言った対応はナシ!とか。
・しかも!有料のYahooカテゴリ登録を一切使ってなかったり とか。
・このブログでテーブルマナーの事書いたら、「はてな」で引用されてたり とか(笑
出張行ってしまって、FTP転送ソフトが使えない時以外は毎日データ量変えたり、
こんな「輸入建材」とか「無垢フローリング」の抽象的な単語で、お金を一切かけない方針で
コレってのは、意外とスゲぇんじゃんすか?と思っても、所詮一人相撲だったのです。
ところが、先日親会社の方にweb経験者が新たに入社しまして。
やっと普通に誉めてもらえたので、本気で嬉しかったりしました(笑
この調子で、なんとか検索1ページ目に表示されるように頑張ってみたいと思います。
「web検索は、3ページまでしか見ない」と言われていますが、僕の体感では
1ページ目までが全体の60%
2ページ目までが30%
3ページ以降、その残り
と言った感じなので、なんとかこのweb戦略を精度の高いものにしたいと思います。
と、このように。
皆様ビルダー様がもしSEO戦略を取られる場合、社員様で対応された方が、外注の
かゆいところに手が届かない方(例えば、「垂木ってなんですか?」的な)に任せるよりは
効率が良いと思いますが、
今のSEOは非常にテクニカルになっており、
その背景に、Googleなどを別にして課金制度(注)を採ろうとする節があるんですね。
そして、そのテクニカルな部分を本当に理解できる方がいるかと言うと、
それはGoogle様の社員様しかいらっしゃらないワケでして(笑
僕も色々 トライ&エラーを繰り返してなんとか今の状態まで持ってきましたけど、
本当に正しい事してるのかイマイチ自信はないままなんですね。
コレが本当に効率がいいのか良く判らなくなってきました(笑
ただまぁ、せっかく身に付けたこの知識もなんだかもったいないので。
このまま続けてみたいと思ってます。
注)課金制度について。
例えば、YahoooなどからInlinkを貰えると、公開しているGoogleや内的要因としてある
Yahooのpagerank制度に対して有効ですが、商用利用の場合、
それらの登録は有料である点、などです。(Yahooで登録申請料として52,500円/回)
Googleは、その検索精度の高さから、広告出稿(?)の意義を高めているので、
成果主義的な対応をされています。これらは、広告業界にとって脅威ですが、
我々 利用者にとっては今のところ扱いやすい形態となっています。
と、web F○CKIN’ 2.0ってのは受け手の我々が課題にする事ではなく、webインフラ側の
ビジネスモデルの事です。
なので、今時、「web2.0が~」としたり顔で語る人は信用しない事ですな!
↑ここら辺が、上から目線(笑

ブログ一覧に戻る

アーカイブ

ブログカテゴリー

ブログ最新記事

  • メーカーリンク
  • ユニバーサルジャパンブログ
  • セール商品・アウトレット商品はこちら
  • お問い合わせはこちら