フローリングや内装ドア・薪ストーブなどの販売。オリジナル輸入建材、欧米・アジア各国からの輸入建材・雑貨等の販売。

ユニバーサルブログ

ユニバーサルブログ

この景色は・・・

2005/12/14

どうも。営業のHです。

雪、降ってます。
北陸の中でも弊社所在の富山は建築的に過酷な所です。
梅雨~夏は高温・多湿、冬は乾燥~含水率の高い(?)雪・屋根荷重の増大。
大手メーカーも「富山仕様」の住宅を企画するくらいの土地柄です。
こういう気候や住環境に根ざした「原体験」ってあると思います。
うまく言えないけど、「共通認識」が土地ごとにあってそれといかに上手に付き合えるか?が問題になる事があると思うんです。
IT化が急激に進化したおかげでグローバリゼーションは進みました。
その気になれば地球の裏とだって文章なり何なりで交渉ごとができます。
しかし、自分の「共通認識」がローカルだった場合に相容れない場合が、たまに、あります。
上の例でもありますが、南方の方に雪の事を語っても、リアリティはないでしょう。
でも、それが必要になる時があります。そんな時はいい加減には説明できません。
そういった意味で日本語の持つ「あいまいさ」が急激にその姿勢を問われ始めています。
何事もなく、結論を言わず、結果を見てから判断する。これはもう通用しません。
全てにおいてコミットメントが求められ始めています。
しかし、極端な人は他人を糾弾して自分を正当化する事が「自分がある」事だと思いがちです。
そうじゃありません。
僕が思うに「自己責任」とかいう名前を借りて、単純に悪者を見つけて贖罪させ、原因究明しない事が多すぎる。
できる事なら、世界に通用する「共通認識」を持てると・・いいですよね。
エチケットとか、紳士性みたいなものに近いでしょうか?あああ、「洗練されてる」っていうのかな?
僕の目標です。
しかし、この寒さはなんだ??(笑

ブログ一覧に戻る

アーカイブ

ブログカテゴリー

ブログ最新記事

  • メーカーリンク
  • ユニバーサルジャパンブログ
  • セール商品・アウトレット商品はこちら
  • お問い合わせはこちら