フローリングや内装ドア・薪ストーブなどの販売。オリジナル輸入建材、欧米・アジア各国からの輸入建材・雑貨等の販売。

ユニバーサルブログ

ユニバーサルブログ

薪ストーブ施工現場

2005/10/28

こんにちは。営業のキヨシです。
北陸の富山県をまわっている僕はウチの取扱商品の中でも薪ストーブはちょっとチカラが入っている商品なんですね~。ストーブを販売する時には施工工事も全て請負ってやっているので、現場がある時は必ず顔を出して設置されたストーブの現場確認と施工して頂いている職人Sさんのお手伝い(ほとんど役にたっていない!!)をしています。
薪ストーブっていうのは薪を集めるのも大変だし、ましてや購入するとなるとものすごくお金がかかっちゃうんですよ。それでも火を眺めたい、ストーブで煮炊きや焼き物をしたい、その家のシンボルとして購入してみたいと様々な思いを抱いておられるお施主様が県内に多くいらっしゃってお問合せは結構あるほうだと思います。
打合せや見積りはデスクの仕事ですが、現場での設置作業はやはり大変。ストーブを入れるのは家がほとんど仕上った最後の工程なのでストーブステージまでの移動が大事なのです。弊社お薦めのFPIハンプトンは約200Kg!! ハンドリフトで持ち上げて養生とベニヤ板を引いて補強した搬入通路を慎重に運びます。(2F設置の現場もありましたけど、人力で運び込んじゃいました。)
これで何度かハンプトンを設置してきましたが、今までのストーブと比べて(以前はバーモントやW・フォードなどが多かったのです。)そのスタイルはかなり偉そうな感じ。角張ったデザインが特徴だからそう見えるのかもしれませんが、家のど真ん中に居座ったこのストーブの存在感は抜群!火力も強いし(ヨツールF-500の火力を凌駕してます。)火の燃え方もものすごくいいんですよ。(これホント。)
11月ぐらいに施工した物件はそのままお施主様に使い方の説明をさせて頂いていますが、春や夏に設置させて頂いた物件は後に“火入れ式”なるものをやらせて頂いております。この時ストーブに火を入れた瞬間のお施主様の顔がなんとも言えずほころんでいるのがうれしく思います。ウチは正規の代理店(FPIの)となっております。施工工事に携わっている職人Sさん(写真右側の人です。)は絶対的な信頼をおける人です。(火を扱う商品なので当然ですが。)薪ストーブに憧れを持っている方がいらっしゃるならば是非、一声かけて下さい。

ブログ一覧に戻る

アーカイブ

ブログカテゴリー

ブログ最新記事

  • メーカーリンク
  • ユニバーサルジャパンブログ
  • セール商品・アウトレット商品はこちら
  • お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ・サンプル請求

メールでのお問い合わせ・サンプル請求

各種SNSでのお問い合わせ

ツイッター  フェイスブック  インスタ