フローリングや内装ドア・薪ストーブなどの販売。オリジナル輸入建材、欧米・アジア各国からの輸入建材・雑貨等の販売。

ユニバーサルブログ

ユニバーサルブログ

北米建材とアメリカの住宅の考え方について

2008/05/20

本日、アメリカの建材セミナーに行ってまいりましたが、
そちらの雑感をまとめたいと思います。
1.アメリカのリモデリングは意匠性を大切に
曰く、
「構造材は補強が可能です。
 そして新しい断熱材などの【テクノロジー】は常に進化します。
 そういった部分は、改造可能なように考えておきます。
 アメリカでは普遍的な意匠性を持たせた住宅を創り、
 それが結果100年近い耐久性を持たせる事に成功している理由なのです。」

だ、そうです。勉強になるであります。
アメリカは【普遍的なデザイン】を優先し、ハード面での補強、改変は後からでも
できるや的に考えているようです。
つまり【ディスポーサブル】な部分と、【カイゼン不可能】な部分を事前に見越した
住宅のプランニングを行う事の重要性を大事にしているんですな。
なるほどだからアメリカの住宅ってのは、おおらかさや住みやすそうな感じが
統一されてるんでしょうね。
確かにイキナリ「200年保つ住宅をつくらにゃいけません!」だと息苦しいのは確か。
柔軟に考えていった方が、実現への道は近いのかも知れません。
2.安価とは
例えばSAUDERモールディング。
これはベイツガ無垢の幅木、廻緑なのですが、これらを複合的に使ったり、
部材の大きさを違う物を組み合わせる事で、意匠的に魅せる事は可能なようです。
天井と壁の境目にH3244などの廻緑を使い、その100mm下にただのプレーンな
額縁を廻し、その間にトリム用のクロスを貼るだけで、コストをかけずに豪華に見せる、
H623の幅木とH3244の廻緑を重ね合わせて、厚みと重厚感のある廻緑を創る。
今の時代、「ローコスト」とは「智恵を出し合って、お得感のある仕上がりにする」と
言うのが答えになり得るようです。
これはオモシロいですね!
追ってご案内していきたいと思います。

ブログ一覧に戻る

アーカイブ

ブログカテゴリー

ブログ最新記事

  • メーカーリンク
  • ユニバーサルジャパンブログ
  • セール商品・アウトレット商品はこちら
  • お問い合わせはこちら