フローリングや内装ドア・薪ストーブなどの販売。オリジナル輸入建材、欧米・アジア各国からの輸入建材・雑貨等の販売。

ユニバーサルブログ

ユニバーサルブログ

薪ストーブ いろいろ

2007/10/23

さっきまで結構な量の投稿を書いていたのですが、
いつもの様に戦うスタイルでタイピングしていましたら、
皆様のキーボードの左下にもあるだろう何かのキーをさわってしまい、
全部飛びました。営業のHです。
  もう一回書け?
はい。頑張ります(笑
このブログであんまり商品の説明した事ないなと思い出しまして。
そいやコレって商用ブログだから宣伝してもいいのねって思ったんです。
何を今さらって話ですけど(笑
ただ、
「○○はこんなにステキで~~なんです!是非お問合せください!」
ってのは止めときます(笑 気が向いたら読んでみてください。
 これは僕がこの会社に入ってから薪ストーブについて調べてみた事です。
 結構、皆様「へ~っ」って思う事、あるかも知れませんよ?
 それでは、行きます。
・薪ストーブは燃焼させますが、水蒸気を発生しません。
 当たり前ちゃ当たり前ですけど、僕には意外でした。
 居室内の快適な湿度は45~60%と言われていますが、薪ストーブは
 湿度を飛ばします。なので、フトンふっくら、洗濯物も乾く、ノドげほげほ(ダメじゃん:笑)
 つまり、過乾燥に注意なんですね。
 そのためにスチーマーって言う商品があるくらいなんです。
 住宅は基本、湿度を必要としませんが、人間には要りますからねぇ。

・薪ストーブは空気より先に遠赤外線で対象物を暖めます。
 例えば、道端とか倉庫の裏とかで焚き火してる所、想像してください。
 空間が仕切られてないのに充分暖かいですよね?
 これは空気が暖まってるんではなく、遠赤外線が直接飛んできているんです。
 遠赤外線は、対象物、特に人間なんかだと皮下7cmまで熱を届けるので、
 空気より先に身体が暖かくなる傾向にあります。
 足元の寒い女性に優しいモノなんですよ。
 勿論、締め切ってちゃ後から空気も暖かくなっちゃうんですけどね。

・リビングに置く計画を図面化すると、TVと良くカブる。
 これは僕だけかも知れませんが(笑 プランニングするとTVとかぶる事かぶる事。
 やっぱり炎は【見て欲しい】もんだと言う意識が働くようです。
 ただ、誰かが言いましたが、【流れる水と揺らめく炎は人の心を開く】んだそうです。
 なので、展示会で薪ストーブが燃えてると着座率が高いらしいですね。
 コレを工務店様が有効に使う手はあると思いますよ。

・壁との離れ距離には注意!
 一番怖いのがコレ。
 よくカタログなんかに結構 壁にくっつけて置いてあるように見える画像がありますが、
 アレは危ない。どんなストーブでも最低300mmの離れは必要なようです。
 プラスターは不燃物ですから、多少近くてもコゲたように見えないかも知れません。
 ただ、先ほども言ったように、薪ストーブからは【遠赤外線】が出ています。
 そして、壁内の木材を熱して、長い時間をかけて炭化させています。
 するとある日突然、壁の中が火事にぃ!!ひぃいいい!!」って事に
 なる可能性があるんです。気を付けてください。

・煙突掃除のしやすい施工とプランを
 良くあるのが、無理くりストーブをプランしてしまった場合。
 煙突の曲がりの総角度は270°以内が良かったりします。
 やたらストーブ本体から煙突が曲げてあるのは、ストーブの性能を
 スポイルしているんですね。
 だって自然吸気ですよ?
 最初、煙突内気圧差でケムリを外に向かわせてるんですよ?
 気圧差が煙突内でスポイルされると、吸気も弱くなって、空気が足りないから
 良く燃えないストーブも見たことあります。
 そしてそのような場合、不完全燃焼でガラス真っ黒、煙突真っ黒。メンテ大変です。
 こう言うの聞いた事ありました?
 僕は当社のストーブ施工業者さんにアッツく語られましたよ(笑

と、これが【オレ流商品宣伝ブログ】です。
薪ストーブってオモシロいでしょ?

ブログ一覧に戻る

アーカイブ

ブログカテゴリー

ブログ最新記事

  • メーカーリンク
  • ユニバーサルジャパンブログ
  • セール商品・アウトレット商品はこちら
  • お問い合わせはこちら