フローリングや内装ドア・薪ストーブなどの販売。オリジナル輸入建材、欧米・アジア各国からの輸入建材・雑貨等の販売。

ユニバーサルブログ

ユニバーサルブログ

アメリカ製 電動シャッターの特徴

2020/03/31

愛媛県に出張で行ってきました。
電動シャッターの受注が入った現場を見に行ってきました。
まだ、届いていないのですがもうすぐ国内に入る予定です。
その前に、下地や開口など、ガレージドアがちゃんと取付できるかの確認です。

 

今回取付けるシャッターは・・・

1.アメリカ製ガレージドア(Clopey社製)は開き方に特徴があり、
上にスライドして上がりながら車庫内の奥に入って行き、
完全に開くとシャッターが天井と平行になります。(オーバースライダードア)

巻取り式のシャッターは、開口部の上の箱に巻き上げながら入って行くので、
シャッター同士が擦れてガシャガシャと音がでたり、表面に砂や埃が付いていると傷が付いたりします。

2.アメリカ製 ガレージドアは自動開閉の速度が速い。
しかも天井側にモーターで引っ張るのでスーッと静かに開きます。

巻取り式のシャッターが開くがを見てると手動で開けた方が断然早いと、
毎日、毎日待っているのがイライラするという人もいます。

 

近年、台風が大型化し、海水を吸い上げ、
山間部でも塩害がでている地域があるそうです。

カーポートで十分だったのは、もう昔の話です。
車を大型台風と塩害から守る為にも、ガレージが必要です。
そして、ガレージには大型台風にも耐えるオーバースライダードアが必要です。

電動でも手動でもスーッと開くClopay社製ガレージドアにしましょう。

オープナー(モーター)は、リモコンのスイッチひとつでスーッと開きます。
当社で取り扱ってるのは、LiftMaster社製のモーターです。
これは、アメリカProfeional Remodeler誌のトップ100製品の一つに選ばれてます。

壁面スイッチとリモコンで開閉できますが、
Wi-Fiの電波が届く所ならスマホ操作でもガレージを開閉できるんです。
会社でも。海外でも。どこででも。

見積り依頼や資料請求はこちらへ。『こちら』をクリックし、会社名・担当者名・送り先を明記してください。

 

 

PS.

このガレージドアはシャッターの専門業者じゃなくても取付できるんです。
大工さんなど、いくつかの電動工具と道具を持っていれば施工できます。
詳しくは、下の『お問合せはこちら』をクリックしてください。

お問い合わせはこちら

※見積り依頼やカタログ請求など、気になることも、上記の『お問合せはこちら』をクリックしてください。
※カタログが無くなった場合はPDFファイルにてお送り致します。

ブログ一覧に戻る

アーカイブ

ブログカテゴリー

ブログ最新記事

  • メーカーリンク
  • ユニバーサルジャパンブログ
  • セール商品・アウトレット商品はこちら
  • お問い合わせはこちら